式の歴史

白いドレスの少女

神前式は伝統的な結婚式というイメージがありますが、現在のようなスタイルで行われる神前式は明治時代に始まりました。 そもそもかつての日本で一般的に行われていた結婚式は、自宅の床の間に親族一同を集めて執り行われていました。時代劇などでもたまに目にする機会はあると思いますが、そうしたいわば人前式のようなスタイルが一般的でした。 神前式に類する結婚式も行われることもありましたが、あくまでマイナーな物でした。 そうした中明治33年に当時皇太子であらせられた大正天皇と貞明皇后の婚儀が、皇居内にある宮中三殿賢所にて行われたことが広く国民に知られたことが契機となって現在のような神前式が整備されました。 現在の東京大神宮である神宮奉斎会にて大正天皇の婚儀を参考に、神前式を創設して全国に広められました。

明治時代に神前式が創設されてから100余年経ちました。 日本では長らくキリスト教式の結婚式が一般的です。日本人におけるキリスト教徒は非常に少ない存在ではありますが、欧米文化への憧れやドラマなどによって結婚式といえばキリスト教式とイメージが定着しているためです。 そうしたキリスト教式が主流という状況は今も変わってはいません。一方であまりにも一般化しているために、キリスト教式とは異なった結婚式を挙げたいというニーズも高まっています。そうした中で様々なスタイルの結婚式が生まれています。また他方で日本的な文化への再評価が進んでいる風潮もあります。 そうした点で神前式は、結婚式全体としてみれば個性的な部類ですし、まさに日本らしさの極致ともいえる結婚式ということもあって、注目が高まっています。この傾向は今後もしばらく続いていくと予測されます。