西洋文化の式

抱き合う

戦後の高度経済成長期以降、ウェディング市場の西洋化が進み、教会での結婚式は若者の中でますます人気が高くなっています。 このような教会の結婚式をお得に利用する方法はいくつかあります。まずは結婚式を行う日を選ぶことです。仏滅など暦が悪い日に結婚式を行うことは仏式ですので教会式には影響ないばかりか、比較的お安く済ませることができます。 教会式にはコストがかかるパイプオルガンの生演奏をテープにすることなどにより節約することができますし、フラワーシャワーなどのオプションを効率的に付けることによって費用面においてもお得に利用することができます。 ホテルのチャペルだけでなく一般の教会でも式挙げられますのでさまざまな方面から検討することでお得に利用できます。

ホテルなどのチャペルで行う教会式の場合は披露宴の費用も含めてそれに算定されている場合が多く、招待人数にもよりますが平均では350万円程度というお値段です。 式自体は8万円から10万円程度ですがそこに衣装代や花代など、様々なオプション料が加わりますので披露宴も含めて全体的に算定すると、それくらいになります。 町の教会などで挙式をする場合は、10万円から20万円程度の挙式料を教会に払うことが多いです。花による飾り付けなどをする場合は別途その分の料金もかかります。 昨今では教会での式のあり方も多様化しておりそこに付けるオプションも様々なものがあります。一方で必要最低限の式にしてその分経済的負担を少なくしたいという人もおり、多角化しています。